認印の重要なポイントは

認印はなかなか印鑑としても重要ですが、実印ほどではないです。実印は印鑑証明で登録して印になります。ですが、この場合はそこまでではないです。それはよいですが、それでも良いものを持ちたいと考える人は多いです。一番良いとされているのが象牙になります。まさに最高級の物です。ちなみに現在は輸入が禁止されていますから、現状、流通している物のみになります。また、これから増える可能性はほぼないですから、買うならば今の内です。しかし、認印でそこまでする必要性はないです。好きにすればよいことではありますが、別に木材でもよいです。チタン製もよいですから、費用対効果を見てから決めることがお勧めできます。別に素材はなんでもよいですが、使い易いものが最高です。少しでも長く使える材質であることが、認印としては求められるようになります。

認印の効力についてのこと

基本的に日本は印鑑文化になります。ですから、仮に認印であろうともそれなりに高い効力があります。実印ほどではないですが、それでも注意して取り扱うべきです。しかし、自分の名前の印鑑であり、また、日常的に使うのが認印になります。法的な効力としては弱いですが、サインの一つとして認められるようになります。例えば、婚姻届や契約書などでは実印を使うことになります。印鑑証明と一緒にやるわけです。しかし、認印は宅配便のサインの代りに使うような物になります。そこまで高い契約拘束力があるわけではないです。要するに、この場合は荷物を受け取りました程度のサイン能力しかないわけです。しかし、とても重要な物であることには違いないですから、少しでも材質が良く、長く使える物にしたほうが良いです。基本は木材、最近ではチタンなどがあります。

認印の材質についてのことは

認印と言うのは、基本的には手掘りで象牙であるのが、最高級になります。翡翠、瑪瑙なども高級品として認知されています。しかし、認印でそこまでのことをする人は少ないです。まず、実印と言うのがあります。これが印鑑としては最高の代物になります。これは、印鑑登録をしている判子になります。しかし、認印とは、印鑑登録をしていない判子になります。主に、簡単な意思確認を利用したり、承認活動などに使います。物凄くわかり易くいいますと宅配便などの受け取り確認意思表示などに使えます。或いは仕事などで、簡単な書類の承認などに使います。こうした使い方ができる印鑑になります。いくつも必要なわけではないですが、一つはあったほうがよいといえます。ちなみに愛着を出したいのであれば、良い印材の物を買うとよいです。自ずと愛着が出てきます。