認印は印材としては何でも

認印には、色々な印材があります。認印でも印鑑証明をした時には、それが実印になります。実印とは、とても法的な拘束力がある印鑑になります。しかし、印鑑登録をしていない認印も色々な印材を使うことによって、手に馴染むようになります。愛着が出るようになりますから、しっかりと拘った方が良いです。まずは木材があります。或いは石材、宝石も石材の一つではありますが、これも人気です。更に言えば、象牙などは最高級です。しかし、実印ならばともかく、日常的に使う印としてはそこまで求められることは少ないです。そもそも印は印影がしっかりとしているならば、特に問題はないです。加えて、偽造がしにくい、手掘りの一点物であれば最高です。それならば、別に印鑑としてはまったく問題とするべきところはないです。何でも良いのであれば、安い印材でもよいです。

認印は一つくらいは持っていたほうが

どんな人でも認印は一つくらいは持っていたほうが良いです。具体的には仕事に使わない場合であっても、使うことがあるからです。宅配便の受け取りなどに使えます。様々な役所の書類などに使うことができます。ちなみにサインでも大丈夫なことがあります。宅配便の受け取りなどは、印鑑を、と言われますが、実はサインでも問題ないです。むしろ、サインのほうが効力としては高いです。それでも一つくらいは認印は持っているのが。ある意味では社会人の嗜みであるといえます。仕事ではシャチハタを使う人も多いです。一々、朱肉をつける必要がないからです。ですが、認印は持っていたほうが良いです。何かと意思確認に使うことがあるからです。ちなみに印材ですが、ほぼ何でも良いです。そこまで高級品に拘ることもないです。別に拘っても良い要素でもあります。

認印は最低2種類あると便利

認印は、印鑑登録されていない全ての印鑑を指す言葉です。銀行印や、三文判と呼ばれるような印鑑も該当します。認印を購入しようという時は、できれば2種類の印鑑を用意するのがベストです。1つは朱肉のいらない、インク浸透式の印鑑です。例えば宅配便の受け取り印が必要な時などに、容易に押せるのでかなり重宝します。もう1つは、朱肉の必要なタイプの印鑑です。やや改まった書類に押印する時は、浸透式以外の印鑑を使うよう指定されている場合があります。そんな時は、朱肉が必要な印鑑の出番です。公式書類などには通常の印鑑を使い、荷物の受け取りなどの場面ではインク浸透式にするというように、使い分けると便利です。だからこそ認印は、少なくとも2種類は用意した方が便利です。銀行印や訂正印も、別に作っておくとさらに安心です。ただし複数作った時は、各印鑑の用途を明確にしておきましょう。